りゅうしょうモノログ

革靴と服が好きな昭和生まれ。下町が好きです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

靴磨きの道具 

趣味:靴磨き

の私にとっては10年以上やってると道具はどんどん増えていってしまうものです。
ちょっと収集癖というか気に入ると同じメーカーばかりなもんで揃えがち。

あと、失敗も多いし、途中で好みが変わったり、色々試したくなるんですよね。

一番何を持っているかというとクリームとワックス。
ブラシは一通り揃えたかな?例えば、豚毛、馬毛、山羊、などです。

黒と茶系で替えたりもします。茶と言っても殆どはダークブラウンなど、濃い色が多いですけどね。

ワックスとクリームなんて黒だけで何種類持っているんだろうか?というくらい試してみました。
クソ高いJOHN LOBBのまで手を出しましたからね。サフィール製のOEMとはいいますが、成分は知らないけど、香りは違います。JOHN LOBBの方が高貴な香りがする気がします。笑

ここ数年はもうサフィールばかりですね。クリームもワックスも。サフィールは種類も豊富でいいですね。クリームやワックスを落とすやつなんかも使ってます。

そしてサフィール・ノワール クレム1925ばかり。

以前はブートブラックとか使っていたんですけど、なんかベトつくというか…。クリームは水分が多いような気がして伸びるんですけど、色付きは悪い気がしてます。補色にはならないかな。

あと、コルドヌリ・アングレーズも色が豊富でよく使ってましたが、なんて言うのかな。スーッといかない、というか伸びが悪いと思うんです。クリームは特に。

ということでサフィール専門。



ブラシは色々です。特に揃えたりしていません。

豚毛はJOHN LOBBで、馬毛はオールデン。笑
オールデンのブラシはプレゼントで当選したんですよ。もう10年も前の話ですけどね。
あと山羊ですが、最後の仕上げに使ってます。これは江戸屋のもの。

あと、山羊のグローブも持っています。出張の時にいいかな?と思いましてね。
当時は出張が多かったんですよね。だからです。今は皆無ですけど、時間のないときなどには有効だと思います。

これはParabootsとJOHN LOBBの2種類。JOHN LOBBは福岡へ出張で行った時に岩田屋で購入しました。
Parabootsの3倍位します。


当時は出張すると宿泊の日当が出たりしていたので買えました。今はちょっと無理。

あと、磨く時は皆さんどうしてるのか分かりませんが、私はネル生地を生地問屋でメーターで買います。とは言え、プロではないので1mX1mもあればかなり十分です。毎日やらないし、逆に余って仕方がないです。でも1m四方でないと売ってくれませんからね。私は近くに日暮里の生地問屋街があるので、そこで買います。無地です。

無地でいいの?って店員の人に聞かれましたけどね。いいんです。チェック柄とかは不要です。

あと、ハンドラップ。


ハンドラップは光らせたいときには必需品かな?と。

ちなみに私は鏡面磨き好きですよ。自己満足にもなるし、革靴が好きなんだな?って分かりますしね。
達成感もあるし。うまくなったような錯覚も覚えるし。笑

プロとの違いはかかる時間でしょうね。

と言っても普段は面倒だし、光らせる必要があるような場面に遭遇しないので程々にしてますが。

私は寧ろ、CHURCH'Sのポリッシュド・バインダーカーフが苦手です。REGALとかのガラスレザーも。磨きにくいから。
つーか、つまらん。

今後は茶系の革靴をうまく磨けるようになりたいと思ってます。

う〜、革靴もだけど、磨きも奥が深いな。
スポンサーサイト

category: 革靴

TB: 0    CM: 0   

革靴全部撮り-続編(2014年4月時点) 

昨日は途中までしか載せられなかったので、続編です。

Crockett&Jones,Tricker's

_DSC4610.jpg

上段左からCrockett&JonesのCARDIFF、MORETON
下段左からNigel Cabourn(Made in Englandとしか分かってない)、Paul Smith(Tricker's)のカントリーブーツ。

クロケットのカーディフは注文して取り寄せてもらいました。普通では扱っていないので。MORETONはリッジウェイソールが良くて買いました。リッジウェイソールはゴムが減ってきて山がなくなったらオールソールをオススメします。ゴムですが、減ってきて山がなくなって平らになると、滑るんですよ、これが。
雨の日に会社からの帰り道、傘を差しながら走っていたら滑って転びました。その時に怪我も軽くしましたが、折りたたみのFOX UMBRELLAの柄の部分が折れ曲がりましたからね。その傘はその後、修理に出しましたけどね。柄の部分は総取っ替えです。

Nigel Cabournはどこが作ったのか分かりません。かなり昔の物です。ヤフオク!で格安だったし、競ることがなかったので落札出来ました。8,000円位だったかな?
アウトソールに紋章があるんですが、それだけだとCHURCHっぽいものの、確証は得られず…。当時はTricker's製だったのでは?と言われたことがあるんですがTricker'sの要素も余り見られず。CHEANYではないのは確かだと思います。CHEANYは「BENCHMADE IN ENGLAND」ってありますからね。それがない。でも20年位前のものは知らないので断定はできませんね。

次はブーツ。主にチャッカブーツが多いわけですが。
_DSC4614.jpg
上段左からJOHNSTON&MURPHY、Paul Smith(CHEANY)のチャッカブーツ(U-Tip)
下段左からCrockett&Jones CHERTSEY、MIYAGI KOGYO Mのファイヤーマンブーツ(コードヴァン)

Paul Smithのチャッカブーツは本格的な革靴を初めて買った思い出の靴なので最近はあまり履く機会がないものの手放せないでいるブーツです。色はチェスナッツなんですが、自分でダークバーガンディのワックスで濃淡を付けて楽しんでいます。最初ということもありサイズは失敗しました。デカすぎた。なので自分で日暮里繊維街の皮革屋さんでヌメ革を買い、ソックシートを作ってサイズ調整しました。
JOHNSTON&MURPHYは当時REGAL製です。14年くらい前にREGALの工場が千住大橋駅の近くにあってファミリーセールで買いました。試着したらピッタリだったので即購入。ただ、これもコルクが沈んでちょっと大きくなってしまったのでソックシートを作ってサイズ調整しました。

Crockettは珍しいチャートシー。普通はスエードなんですけど、これは別注でカーフです。
宮城興業のファイヤーマンブーツはWFGで買いました。新喜皮革のコードヴァンですね。ホーウィンとはまた違います。
新喜皮革の方がツルンとしている感じですかね。

Paraboots CHAMBORD、AVORIAZ
_DSC4616.jpg

シャンボードはミッドナイト(ネイビー)です。買ったのは2年前だったかな?
マウンテンブーツはアヴォリアーズ。これは紐も黒だったのですが、青山のパラブーツで紐だけでも買えるし、今度入荷します、ってことで予約して買ったものです。

全部黒もいいんだけど、面白くないし、こっちのほうが好きですね。
ちなみに黒なんですけど、SAPHIRのグレーのクリーム入れてます。本当は加工してあるモデルが欲しかったんですけど、売り切れていたので、自分でやったんです。これはこれで正解だったかも。自分で楽しめるから。

LLOYD FOOTWEAR、FLORSHEIM、三陽山長

_DSC4619.jpg

上段左からLLOYD FOOTWEARのパンチトキャップトゥ、U-Tip
下段左からFLORSHEIMのコブラヴァンプ(コードヴァン)、三陽山長の修乃介

LLOYDは銀座で買ってます。U-Tipはセールで買ったと思います。ソールはパンチトキャップトゥはダイナイト、U-Tipは最初ダイナイトでしたが、オールソールの時にリッジウェイソールに変えました。ロイドは修理も安いのでお勧めです。

最後に靴のハシモト「信義」のDoverタイプ。このブログでも何度か紹介してるかな。
関信義さんの九分仕立てです。Doverと大きく違うのはスペードソールではないところですね。シングルです。

_DSC4622.jpg



あぁ、長かった。笑

革靴を好きになって今年で15年。ほぼ毎年2足ペースです。

ただ、欲しかったSTAFFORDとJERMYNが手に入ったので、今のところ欲しい革靴はありません。

あ、明日4/30(水)はLASTの発売日だ。
私、エスクァイア別冊のころから全部持ってますのでもちろん買います。

category: 革靴

TB: 0    CM: 0   

革靴全部撮り(2014年4月時点) 

取り敢えず、今所有している革靴を全部撮ってみた。

まずはJOHN LOBB

STAFFORD #7000 Dark Oak

_DSC4590.jpg

JERMYN III

_DSC4595.jpg

_DSC4602.jpg

上段左からSTAFFORD、JERMYN III
下段左からCITY #8695、WILLIAM #9795 両方Black

Edward Green

Chelsea #606、サイドモンクストラップ(モデル名不明 #808)
_DSC4604.jpg

ALDEN
_DSC4606.jpg

上段左からV-Tip 54331、9901
下段左からAF9、1339

取り敢えずここまで(え?)。眠くなってきた。笑
後日全部載せます。

撮ってはあるけど、全部は無理だった。爆



category: 革靴

TB: 0    CM: 0   

また靴を買っちまった 

写真等は後日載せますが、また革靴を買ってしまった

もう、革靴は打ち止め。いや、もうシューズクローゼットに入りきらないです。
ブーツを入れると革靴で25足…。雨用ラバーシューズが1足。
スニーカーはニューバランスを中心に15足くらい。

ん〜、さすがにもういいね

ニューバランスも買えなかったモデル(M1450のスティールブルー)とか手に入れたし、JOHN LOBBも本当に欲しかったモデルを手に入れた。これ以上は欲しい物がない(いや、本当に)。

当分は履いて磨いて、になると思います。もう買わない!

category: 革靴

TB: 0    CM: 0   

持っている革靴達 

なんだかんだと革靴は買わないとか心の中で決めておきながら増えています。笑
記録として整理しておきましょう。
・ALDEN(4)
・John Lobb(24)
・Edward Green(2)
・Paraboot(2)
・LLOYD FOOTWEAR(2)
・CHEANY(1)
・Tricker's(1)
・Crockett&Jones(23)
・FLORSHEIM(1)
・Johnston&Murphy(1)
・Nigel Cabourn(1)
・靴のハシモト【信義】(1)
・三陽山長(1)
・宮城興業(1)
※()内は数です。

JOHN LOBBとCrockettが増えてます。JOHN LOBBはJERMYN IIIでCrockettは外羽根のウイングチップ。色はどちらもブラウン系。

基本的には黒靴が好きなんですけどね。Crockettは通常は日本では扱っていないモデルなので取り寄せました。
きっかけはFOSTER&SONの既成靴なんですけど、それってFOSTER製ではなく明らかにCrockett製なんですよね。文字でわかります。あと、ラストの番号。なんでカタログみてこれだ!って店長に言って取り寄せてもらいました。値段は某古着屋さんで73,500円(当時の税込)でしたがそれは新品ではなく、1回以上は履いた中古。
対して取り寄せたのは新品で全く同じモデル、色で73,500円。そりゃCrockettの新品を買うでしょうよ、って話で。

委託なんで自分で金額を決めるわけですけど、タダのFOSTERネームで新品と同じ値段なんて誰が買うかい!って悪いけど思っちゃいました。

FOSTERが作った靴なら分かるんですけどねぇ。それだとその値段では買えないか。既成靴じゃなくてビスポークだし。

革靴って最終的にはビスポークが頂上なんでしょうけど、普通のサラリーマンがそんな買えるわけはなく…。独身ならまだしも子供が3人もいると困難です。

それでも20足以上持っているのは異常なんでしょうけどね。ま、一番続いている趣味ですから、仕方ないですね(言い訳)。

category: 革靴

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

楽天市場

Amazon

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。